« 赤ちゃんから、幼児期の様子 | --TopPage-- | 多動と言葉の発達と感覚統合と遊び( ADHD/LD/PDD) »

ADHD/LD/PDD等の診断のきっかけ

1診断のきっかけ?初めての集団行動?家庭の医学

私が、ADHD等の専門機関に行くきっかっけになったのは、市内の保健センターでやっている言葉の遅れている幼児を対象とした親子教室に通い始めてからでした。とにかく、1秒でも座っていられませんでした。たのしいペープサートのお話しの時でさえ興味を示さず、1秒でも座っていられません。簡単なお遊戯も全くやりませんでした。

家では、おもちゃでも遊ぶし、公園でも多動はありますが、ブランコ、砂遊びをして楽しめるのに、読み聞かせ、お遊戯を全く楽しめず、ただ動き回ってる自分の息子を見て、幼稚園では、大丈夫だろうか?、集団生活ができるだろうか?と感じたのです。それに前から感じていた、制止の言葉が全く聞かないのも、「皆で一緒に」の場面になると、特に感じられることでした。

その教室の担当保健婦さんに相談すると、「多動は、治らないかもしれないし、言葉の発達も伸びるかどうかわからない」と言われ、「どうしてですか?発達が伸びないと言うのは、何か原因とかあるのですか?」と聞くと、「原因とか言うのではなく、そういうこともあるので・・」と言われ


2意味もわからずただ、絶望感だけに襲われてしまい、

暗い気持ちの中で、家にある家庭の医学(1992年度版)の中で、何かヒントはないかな・・・と読んでいました。(赤ちゃんの頃から、子どもの体調や様子がおかしいと、まず家庭の医学を読んで、病院に行っていたりしたので・・・)

 ・・・・「家庭の医学」をよく読んでいたのは、私自身が、自分の病気に気がつかず、早めに気がつけば治療できたことが、手術しなければいけなかった経験があったので、症状というのを軽く見ず、調べて病院へ行くということが自分の経験として強くあったので、「家庭の医学」というのは、子どもの体調で気になると、読んでいたりしていたのです・・・

その「家庭の医学」(1992年度版ですよ・・)で、自閉症というのと、微細脳機能障害症候群というものが、目にとまりました。特に微細脳機能障害症候群(MBD)は、息子の特徴に当てはまるものが多いと感じました。

また、本の説明の中で、多動という言葉もあり、それらをヒントに、何か調べられることはないかと、本屋さんへ行きました。そこで、「落ち着かない子供たち」の本を見つけ、本の内容が子供にあてはまるものばかりだったのです。


3当時、お世話になった保健婦さんは(親子教室担当の保健婦さんでない人)、私より若かった方でしたが、

私が微細脳機能障害症候群(MBD)というものや、「落ち着かない子供たち」という本の「多動症候群」というのがあるのだけど、症状が息子に似ているのでお医者さんに見てもらいたい・・・と私が相談したら、すぐに医療機関などを紹介してくれたのです。母の心配する思いというのを、あやふやな形で終わらせたりしないで、ちゃんと受け止めてくれる保健婦さんだったのです。

当時は、ADHDなどという言葉は、今よりほとんど認知されていませんでしたし、インターネットも無い時代で、自分の家にある「家庭の医学」から、微細脳機能障害症候群(MBD)を知り、そしてADHDを知るきっかけとなったと思うと・・。

発達障害を専門にしているクリニックで、受診をし「多動症候群(ADHD)」と言われました。当時は、こういった軽度発達障害を専門にしているクリニックは、今より少なかったそうで、飛行機を使い、わざわざ受診にくる方もいると聞きました。


4診断して良かったこと

診断をして貰うときに、今子育てで困っていること、発達的に気がかりなことなど、疑問に思うことについて、どうしてなのかアドバイスがもらえます。そうすると、わけのわからない不安から開放された気持ちにもなれたりしたのです。

そして、検査をして子どもの認知の発達などの特徴を知ることによって、またそこでも子育てのヒント、子どもの学習スタイルはどのようにしていったら良いかわかってくるので、

↓知らずに子どもに無理なことをさせる

↓子どもはどうしても出来ないので、情緒不安定・自分に自信がなくなる

↓ 親もますます、子育てにストレスがたまる ↑

↑等の悪循環から、開放されてきます。。。私はそうでした。。。ただ、これはきちんと子どもを診てくれる先生方の協力がないとうまくいかないことなんですが・・・・。


6また小さいうちから、「どんな小さなことでも誉めて育ててあげて下さい」と教えてもらいました。

だから本当にどんなことでも誉めました。なので、自主保育の集団生活し始めた頃(年少児の頃)は、よくお友達のやっていること、「上手だね」とアルファ自身も友達の事、誉めることが出来ていたのですが。

しかし、幼稚園行くようになってからは、どんなに家庭で誉めても、友達に「上手だね」と言う言葉は出なくなりましたね。。現実というのがわかってきたのかもしれないですね。でも今でも本人なりに、自分が得意だという部分は自分で素直に認める事が出来ているから良かったです。


5そういえば、「誉める」ということについて思ったのだけど・・・

「誉める」ことへの気をつけることってあるみたいなんですね。「良く出来たこと」、「頑張った事」、「誉めるられる良いことをしないと」、「良い子でないと」、親が自分を認めてくれないといつの間にかなってしまうとか。。。

うーーん。どうなんでしょう。私が教えてもらったのは、うまく出来なくても「誉める(認める)」ってことだったんだのけど。。。発達障害あると、どうしても出来ないことのほうが圧倒的に多かったりします。特に幼児期・学童期も色んな面で、うまく出来ない事が多い。

そのうまく出来ない状況でも「誉める(認める)」ってことを教わりました。朝起きた時に、スッキリした顔しただけでも「スッキリ起きていいね」、電気の消し忘れが100回あるうちの1回でも、たまに自分から消したら「お、ちゃんと消して偉いじゃん。電気代節約になったね」とか

どんな人でも、自分はダメだと思っていても、それでも「自分にはどこか良いところがある」と思いたいし、またそういう気持ちが自尊心だろうし、前向きな気持ちを生むことに繋がると思うので、

子どものありのままを認めるというのは、肯定的な感情がこもった言葉をかけ続けることでもあると思うのですが、その肯定的な感情の言葉の中に、「(あなたには良いところたくさんあるよ)っていう」誉めるに近い言葉がたくさんあってもいいんじゃないかって思ってます。


PDDとは=広汎性発達障害

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ashappy.net/abg/mt-tb.cgi/13

この一覧は、次のエントリーを参照しています: ADHD/LD/PDD等の診断のきっかけ:

» 症例のあの子、元気かな・・? 送信元 Boonya Weblog
最近、中学進学目前という状況の中で、私も気を引き締めて、初心にかえらなきゃと思う... [詳しくはこちら]

掲示板

サイトマップ

About

KIDS・・育児・診断?カテゴリのページです。

ひとつ前のページは「赤ちゃんから、幼児期の様子」です。

次の投稿は「多動と言葉の発達と感覚統合と遊び( ADHD/LD/PDD)」です。

その他のページはトップページサイトマップを見てください。

Powered by