« 関わりの難しさと受容の難しさ(ADHD/LD/PDD) | --TopPage-- | 療育・SST・グループ指導(ADHD/LD/PDD) »

2歳3ヶ月の頃、最初の療育( ADHD/LD/PDD)

12歳3ヶ月の頃、最初の療育

2歳3ヶ月で、単語数個しか言えなかったので、保健婦さんに相談し、3歳児対象の親子教室に月2回のペースで通いました。(実は、この頃指差しも出来なかったのです。私の事もママとは呼んでいませんでした。 単語は「ニャーニャー」「まんま」「ブーブー」「ねえ(私をねえと呼んでいた)」「行こう」などほんとに数個の単語しか話しませんでした)

2歳7ヶ月で、子どもチャレンジのビデオと絵本で急に、単語が増えて3歳で2語文、3歳半で3語文話せるようになりました。聴覚認知が苦手なので、視覚教材が多い、こういったものからのほうが言葉を覚えやすかったようなのです。


2話がいきなり飛んでましたが??
保○センターでの初めての療育となる親子教室の内容は、まず


・最初に簡単な体操(NHKのお母さんといっしょでもやるお遊戯のような体操)

その日によって、

・遊具を使った体を動かす遊び (滑り台・トンネルくぐり・など・・・)

・簡単な、切り絵・ぬりえなど

そのあと、おやつを食べ最後に紙芝居かペープサートでのお話しを聞きます。

育児のお話しでも書きましたが、どれも1秒でも座っていられませんでしたので、座ってやる課題はほとんどできませんでした。たのしいペープサートのお話しの時でさえ興味を示さず、簡単なお遊戯も全くやりませんでした。 唯一、遊具での遊びと、おやつの時だけ楽しんでいました。。。。


3この教室では、

・決められた課題は、課題どおりにきちんとやらなくてはいけない

・お話などを聞く、それ以外でも座る場面では、必ず座っていなければいけない。子どもが座れない時は、親が後ろから抱きかかえるようにしてまでも、必ず座らせるという決まりがありました

もう、ただでさえ、アルファは座れませんし、親が抱きかかえても無理やり座らせる状況に私も耐えられなくなり、この教室の療育は辞めることにしました。やめる際にこの保○センターで親子教室担当の保健婦さんに、「途中で辞めるのことは、子どもの事を考えていない」と言われました。

私のほうでは、この療育がとても納得いくものではなかったのですが、この保健婦さんに返す言葉も見つからず、地区担当の保健婦さんにこの事をお話しました。地区担当の保健婦さんは私に「お母さん、嫌な思いさせてすみません」と言われました。


43歳の誕生日の頃に

保○センターで親子教室は息子に全くあわなかったので、地区担当の保健婦さんが福祉センターの教室を紹介してくれました。この教室の保母さんはたぶん、ADHD・LDなどに関しての知識はもっていなかったと思うのですが、子供の特徴を掴んでくださり、この教室ではダウン症、自閉症、小児麻痺、スロースターターの子といろんな子が混じって全部で30人位の子を3つのグループでそれぞれ違う曜日でブループ教室をしていたのですが、どの子も楽しく教室に通っていました。

ST(言語訓練士)、SPY(心理)の先生と保母さんとも連携がとてもよくとれていているようで、ほんとに皆でわきあいあいと楽しく療育を受ける事ができたのです。

教室の療育プログラムは、保○センターの教室と変わらないのですが、関わり方や考え方が全然違うのです。保○センターの教室では、どうゆうわけかバナナのぬりえといったら必ず黄色で塗らなければいけなかったのですが、そうゆう強制的な指導ではないのです。ぬりえの指導もありませんでした。

( あとでわかったのですが、ぬりえって書字障害も多い、幼児期のADHDやLDサスペクトの子にとってはすごく苦手な課題だったりなんですよね。 )

ぬりえなどはなく、簡単に切って貼れる工作ばかりでした。 とても教材を工夫していて本当に簡単に作れるのに、部屋に飾りたくなるような素敵な工作が多かったです。もちろんできないところは、親がどんどん手助けして作ってよいのです。親子で楽しく作るのを大事にしてくれたんです。
全述の教室のような、無理やり子どもにはさみを持たせて、工作をするなんてことはしなくて良かったのです。

とにかく無理強いしないのです。様子を見ながら少しずつ、少しずつタイミングを見計らってうまく流れに乗せてあげるという感じで指導してくれたので、随分落ち着いて教室に参加できるようになりました。


54歳
4歳(幼稚園年少の年齢)で、福祉センターの△△園に通う事になりました。以前ならそのまま○○教室に通えたのですが、今までとシステムが変わり、4歳以上は、△△園に通うように決まってしまったのです。

ここでは、保○センターと同じような強制的なところがありました。保○センターと同じように、子どもを必ず座らせるという事もしないといけない療育でした。それぞれの子供に担当の保母さんがいるのですが(保母さんは複数の子供を担当する)私の子供の担当の保母さんはあまり評判の良い先生ではありませんでした。

言語訓練(ST)も個別で受けられるのですが、STの先生も多動の子供の指導はとても苦手なようでした。私は体の不調もあったので、常に親子同伴で、多動の息子を追いかけ回し、無理やり座らせることをしなくてはいけない△△園の指導ではなく、○○教室の個別指導に切り替えてもらいました。


6○○教室に戻っても、システムも変わりグループ教室は通えませんでしたが、SPYの個別指導は受けられました。△△園より落ち着いて指導を受ける事ができました。

子どもが自然に落ち着く雰囲気や環境ってあるんですよね。。子どもを追いかけ回し、無理やり座らせることをしなくてはいけない環境や雰囲気というのは、そもそもその内容が息子にあっていなかったと、本当に思いました。

療育って、良いことばかりじゃない。反面教師として教えてくれることもたくさんありました。。親は、素人・・・。療育では、専門の先生だからと、何でもうのみにし、後で、自分の子どもに合わなかったとしても、先生ばかりを責められないと思います。

「こうすれば良くなる」「ああすれば良くなる」という見方ではなく、どれだけ子どもが生き生きとその場で過ごせているか・・を大事に考えていく、療育の場ではうまく行かなくても、家庭でうまく行く場面があったら、先生に伝える。。先生のやる事が全てではなく、先生と一緒に、子どものことを考えていくのが大事だと思っています。

先生のやる事、考え方に対し、相談し一緒に考えるという関係を築かずに、後でその療育が合わなかったとなった時に、どれだけその先生を責められるのか・・と思います。受身ばかりにならず、一緒に考えていけるような関係になれるよう、話し合う、相談することは、大事だと思います。。。
(でも、地域によっては、まだまだ権威的・閉鎖的のところもあるんですよね。。親達で集い、権威的・閉鎖的なところを、冷静に話し合い、少しでも改善できるといいのですが。。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ashappy.net/abg/mt-tb.cgi/16

掲示板

サイトマップ

About

KIDS・・育児・診断?カテゴリのページです。

ひとつ前のページは「関わりの難しさと受容の難しさ(ADHD/LD/PDD)」です。

次の投稿は「療育・SST・グループ指導(ADHD/LD/PDD)」です。

その他のページはトップページサイトマップを見てください。

Powered by