« 学習支援サイト | --TopPage-- | 高等学校における発達障害支援モデル事業(ADHD/LD/PDD) »

大事なのは、苦情を言い合う事じゃなくて、話し合うことだよな??

(辛口度・・・★★★)

1最近のいじめ問題は、命に関わる事でもあり胸が痛みます・・。国も動きだし大きく注目されてます。。

そのいじめ問題でのTVでの討論をよく耳にするようになり、気になったのは、「先生はとても忙しい」ということ・・。
それと、なんでもかんでも教育委員会にヒステリックに出て行く親も困るそうで・・。
う?ん。どうなんでしょう。

大事なのは、親と教師が共通理解を持てるような話し合いをする事であり、

苦情をお互いに言い合うことでもなければ、
忙しいと言うだけで、話し合う機会も作れない状況が、そもそもよくないんじゃないかと・・。


2発達障害児を育てている親御さんの多くは、

たった一人の方の理解ある言葉で、気持ちが救われたりもします。。

いつもお世話になっている先生にお礼を伝えた時に
「私などより、お母さんのほうがお子さんを今まで育て、毎日見ているのですから、お母さんのほうがずっと大変ですよ・・」

専門機関での初めての診断の時に
「今までよく大変な子育てを頑張ってきましたね。。」

本当に、たった一言で、救われたり、心が暖かくなったり、元気になれたりします。。


3確かに担任の先生一人だけが頑張り、周りの先生の協力や理解を得られないのは、大変に辛い立場だと思うのです。。

親は、たった一人の方の言葉で救われますが、先生は、学校という職場の中で針のムシロなので、たった一人のまたは、少数の保護者の応援者がいても、立場が違うと思われるかもしれません。。

そうなんでしょうか・・?
親も、ある意味では、針のムシロの時もたくさんあります。だからこそ、理解を有効に考えていく為の専門機関があり、支えあう為に親の会を作っています。

先生同士の関係は、横のつながりつくりにくいみたいですよね。。けれども、大変なら尚さら横のつながり必要じゃないですか・・。縦の組織が強すぎるというのがやはりここでも浮き彫りに見えるんですよね。。

実際に、横のつながりが出来ている学校は、うまくやっていっています・・・。


4いじめ問題の話しに戻しますが・・

いじめ問題で、教師の人格や質が問われていますが、教師の差別は今に始まったわけでは無いというのは、多くの方が、実際に義務教育を受けて経験済みでしょう。。

・勉強が出来る子が好き
・お金持ちの家庭や地域の有志や実力者のお子さんが好き

他にも、色々とお気に入りパターンはあるでしょうが、そういった教師の生徒の好き・嫌いを見ながら、子供ながらに、

「社会というのは、権威ある人に気に入られるのは、得なことなんだ・・」と社会を学んだりします。

教師は、権威はあっても、一人の人間としてはどうなのか??ということについては、「生徒に対しての好き嫌いもあり、ひいきもする、普通のただの大人と対して変らない」と思ったでしょう・・??
(もちろん!こういった先生ばかりでは無いですよ!!でもこういった先生も居らっしゃるのも事実ですから・・)

先生も人間ですから、「好き嫌いもあり、ひいきもする」方もいらっしゃるのも、仕方ないと思ってます。そして、全ての先生がお手本になるような人格者であるべきと望むのも難しいとは思いますよ・・
ただやっかいなのは、先生という職業上、そこに「権威」や「決定力」や「影響力」があるんですよね。。

親には、もちろん教師ほどの「権威」や「決定力」や「影響力」はありません。


5自分の子供に対しての「権威」や「決定力」や「影響力」はありますが、同時に自分の子どもへの「責任」と「義務」があります。

最近では、「責任」と「義務」を果たしてない親もいるかもしれませんが、多くの親は、親なりに頑張って子育てしていますし、先生には敬う態度で接している親御さんがほとんどでしょう。。
そして、人間的に尊敬出来る、わけ隔てなく子供達と良い関わりを持つことを大事にしている先生も多く、親御さんにもきちんとお話出来る先生もたくさんいらっしゃいます。

勝手にお互いの考え方を決め付けあい、苦情を言い合うことばかりを事例にしか出せないのを見てて悲しくなりました。きちんとした話し合いをすることが大事だと思うのですが・・

「忙しいから・・・」とか、「すぐに苦情を言う親・・」だけ聞かされても、肝心の話し合いは、どうだったのか??と思います。そして、うまくいかない話し合いとは、どんな話し合いだったのでしょうか・・??

親を批判しても、先生を批判しても、お互い批判しあっても、先には進めないと思うのだけど・・

そして、もし「この親はダメな親だな・・」と思った時、ダメな人にはどのように接したら、うまく話が出来るのか・・・と考えるのが、誠実で賢い人のやり方だと思います。

授業参観で、携帯電話している親、おしゃべりに夢中な親がいて、「親御さんもねぇ・・」とも聞きまましたが、(私の周りの保護者ではそういった方見ませんでしたが、そういう事もあるだろうというのは、容易にも想像もつきますから)

そういった親の非常識については、授業参観のお便り、また懇談会、PTAにもしっかりと、その旨を親に注意するようにお願いしますね。。

ただ苦情を言い合うだけなら、同じ土俵でしょう。。。
それに、苦情を言い合うだけなら、何の解決にもならないと・・・。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ashappy.net/abg/mt-tb.cgi/39

掲示板

サイトマップ

About

SUPPORT・・理解・対応・支援カテゴリのページです。

ひとつ前のページは「学習支援サイト」です。

次の投稿は「高等学校における発達障害支援モデル事業(ADHD/LD/PDD)」です。

その他のページはトップページサイトマップを見てください。

Powered by