言語性LD(学習障害)と聴覚認知・中枢性聴覚処理障害?APDとのこと

聴覚処理障害 APDは、2000年ころ、E・ハロウェル著の書籍で見つけ、アメリカのLDのサイトの英文を自動翻訳して当時自分のサイトに記載した(日本の和文で、聴覚処理障害 APDをネット検索する事は出来ず、図書館にも関連本は無かった) 中枢性聴覚処理障害?APD(auditory processing disorder)という考え方 幼稚園の頃、アルファは、WPPSI(5歳時)、WIS…

続きを読む

小3の頃の検査の様子(ADHD/LD/PDD)

小3の頃の検査の様子 冬休み・春休みにかけて、WISCIII・ITPA・K?ABCを、2年ぶりに受けて来ました。相変わらず、聴覚短期記憶の数唱は、WISCIII・ITPA・K?ABCどれも、苦手でした。 アルファは意味のある言葉、例えば「太郎さんと花子さんは山へ遊びに行きました。」程度なら聞いて、同じ言葉を復唱して言えるのですが、数唱など意味のない語の配列の記憶はとても苦手です。…

続きを読む

的確に捉えて、統合する(ADHD/LD/PDD)

的確に捉えて、統合する? 発達検査をはじめてしたときに(3歳時)、そのなかの検査で、ボディイメージをみる検査があったんです。アルファは、ボディイメージをうまく捉えていないと言われましたが、そう言われてみると確かに・・・。捉えていないようです・・。専門的に見てもらうと、素人では気がつかない視点から教えてくれるので、参考になるなぁと。今でも、ボディイメージにはあまり感心がないようです。感覚的に…

続きを読む

混乱・混沌としたなかで・・(ADHD/LD/PDD)

アルファは3歳頃から、専門機関に通い始め、医療機関・療育機関それぞれの場所で必ず検査をしていました。 同じ検査を続けてやってはいけないので、それぞれの機関では、同じ検査をしそうな時は、他の機関でやった検査結果をお知らせするということが多くありました。 それでも、間を空けて1年後くらいには、また同じ検査をしたりしました。子供によっては、検査を受け続けると内容がだんだんわかってきて答え…

続きを読む

心の育ちと多動と感覚統合(ADHD/LD/PDD)

心の育ちと多動と感覚統合 アルファは、友達と遊ぶのは嫌いではなかったし、全く友達と遊ばない訳ではなかったけれど、幼児期は、あまりにも多動・人の話をうまく聞き取れない、動きが不器用、対人関係が希薄・・などもあり、なかなか友達とうまく遊べませんでした。 多動で、人の話をうまく聞き取れない、不器用でも、友達と遊びたいという気持ちがあれば、トラブルがあっても、遊びに参加することで、いろん…

続きを読む

広汎性発達障害(PDD)と感覚統合と認知

広汎性発達障害(PDD)と感覚統合と認知 幼児期の言語訓練の先生から、アルファ君は、広汎性発達障害(PDD)に近いといわれた事がありました。 当時、広汎性発達障害を調べたところ、広汎性発達障害の中でも、PDD・NOS(特定不能の広汎性発達障害/非定型自閉症)に近いのかな?というくらいなのですが、やはり、今でも、PDD・NOS(特定不能の広汎性発達障害/非定型自閉症)に近い感じくらい…

続きを読む

言語性LDと聴覚認知,言葉の遅れ,言語理解,聞き取り、ADHDとの関連

ADHDとLDの関係って・・・ ADHDの特性が、その人をLD的な状況にもさせてしまうことはあると思うのですね。こういった場合、その人のADHDにあった薬を服用して、検査を受けると、LD特有の認知の偏りがなくなりますよね。こおゆう場合、その人は、LDを重複していたのではなく、その人のADHDの特性が原因で、LD的な状況になっていたということになりますよね。。。 また、ADHDがあるとなか…

続きを読む

感覚統合と、斉藤公子先生

発達というものに、あまりにも無頓着だった私が、子供が2歳9ヶ月の時に、専門機関での診断の予約いれてからというもの、改めて子どもの言葉の遅れと、感覚のアンバランスさに気づくほど、関わりにくさというのを、とても感じてしまったのですね。。 言葉の遅れもそうだけど、こちらの話しも全然聞こうとしていないんだ・・と、やっと私が気がついたとき、何か良い子育ての関わり方はないかと・・本屋さんに行き、その時に見…

続きを読む