LDのDSM-IV診断基準

LD(学習障害 Learning Disorders)のDSM-IV-診断基準 ・読字障害 A.読みの正確さと理解力についての個別施行による標準化検査で測定された読みの到達度が,その人の生活年齢、測定された知能,年齢相応の教育の程度に応じて期待されるものより十分に低い。 B.基準Aの障害が読字能力を必要とする学業成績や日常の活動を著名に妨害している。 C.感覚器の欠陥…

続きを読む

LDのICD-10(国際疾病分類)

なんだか、意味不明?な言葉が、ズラズラと書いてありますが・・、 LDじゃないか?と最初に思うのは、もしくは診断で言われるのは、また学校での勉強で、出来る教科と出来ない教科が差が大きい時で、かつWISCなどの検査で、デコボコが激しい時であって、必ずしもこの診断基準を見て、判断されるわけではないのです。 それでも、この診断基準を見ると、言語表出(言葉で表現する力)と受容言語(言葉を理解…

続きを読む

検査--WISC/K-ABC/ITPAなどあるけど..

たくさん検査はあると思います。脳波の検査などでも、微細な脳波のことで、とても参考になるお話なども聞きましたが、具体的な理解と支援の為の子どもの発達検査として、WISCやITPA、K-ABCなどの検査をしたりしました。個人的には、知能検査というより、発達検査と捉えるほうが、受け入れやすいです。 検査では、調べたい項目にそっての内容の検査であり、子どもの一部しかわかりません・・・ なので、検…

続きを読む

言語性LD・発達性協調運動障害も少しあるかも..

アルファの場合 学習に関してのLDについて、では、色んなLDがあるから・・と思ってはいますが、学習としてではなく、認知という考え方で、アルファの聴覚認知とLDを考えてみます。アルファは、まず話しを聞き取る(聴覚性言語理解)のが苦手です。 この聞いても理解できないというのは、そのお子さんによって状況がいろいろあるそうですが、おおまかにいうと、言葉は聞き取れるけど、その言葉の意味がわからな…

続きを読む

LDと学習のこと、気になるけど..

学習(勉強の方法や特性など)とLD ※??話しの中に出てくる、言語性LD・非言語性については、息子が幼児期の頃、認知面でもアンバンランスさが目立っておりましたので、当時読んでいたLD関連の書籍等で、得てきた私個人のLDの理解です。 息子が3歳の頃から、小1くらいまで、私が仕事を復帰するまで(1996?2001)の間に、得てきた理解です。(ここでは、ディスレキシアではない内容の、学習…

続きを読む